• sogood

起き上がり方

車の運転をしながらの考え事。

煮詰まっていたアイデア、やらなきゃいけないこと、仕事の事、自分の中での考え事。

夜のドライブは特に頭がすっきりして、パっと答えが出たりするのが好きなんです。

暗くて視覚的な情報量が少ないのもあるんですかね。そんな理由もあり出張はけっこう好きだったりしてます。

普段会社で20代の子達と話していたり、臨床で子供たちやご家族(きっと20代の方も多いですよね)と話をしていると「子どもと大人の境界線」について考えることが多々あります。どこまでが子供でどこからが大人なのか。

僕ら sogood も『小児専門』とうたってはいますが、20代の方、30代の方に靴を作ることももちろんあります。(小児期からの疾患で作り続けたりしてます。詳しくはまた別の機会に)

僕自身を振り返ってみると……正直自分はあんまり変わってないでスよね、と(苦笑)

大人になったから物事を格好よくスマートにこなせたり、間違いが少なくなったりするわけでは全然なくて。一見そう見えてもただトラブルを回避してるだけだったりで、失敗したり悔しかったり、同じミスを繰り返したりずっとしてるんですよね。。。とほほ。

(か、変わってない。。。焦)

じゃあ何が変わったのかな~と考えて出た答えは『転んだあとの起き上がり方』

大人になるとこれを身に付けたりしてるんですかね。

昔より早く起き上がれるような。

sogood は皆さんリピーターになってくれる子供たち多いのですが、同じように「初めて装具を検討」する子供たちも多くいます。

僕らの製品は、立ちやすく、歩きやすくするための科学的根拠に基づいたプロダクトではあるんですが。。。

初めて装具を使う子供たちが「転んだ」後にどんな起き上がり方をしていくのか。

そんなふうに成長の『過程』をみていけたらいいな、それがこの仕事の醍醐味だよな、とふと思い考える夜の高速道路。

(もちろん転ばないように設計はしてますが)