top of page
  • 執筆者の写真sogood

November rain

ついに始まった「ジョジョの奇妙な冒険第9部」

前作の「ジョジョリオン」が10年近く連載されていたので、ここから5年10年と楽しめるなんて………現代に生きていてよかった(笑)

荒木飛呂彦さん『ジョジョランズ』楽しみです。

いきなり主人公の能力開示されましたが

『November rain』格好いいですね。。。成長する物語かな……と期待が膨らみます。

お会いするみなさま、ぜひ、ジョジョ話しましょう☺

「ノベンバーレイン」はアメリカのロックバンド『ガンズ・アンド・ローゼズ』の90年代の名曲ですが、冷たい11月の雨という歌詞から「苦境」を表現しています。

歌詞を要約すると

「愛する人とのすれ違い、そして破局した後悔。でも、この冷たい雨だっていつかは止むんだ。傷はいつか癒える。そして愛の大切さを知る」みたいな内容だったと思います確か。

(主人公の能力とは関係はないかもですが)

ただ、

第5部の『黄金の風』で描いていた物語

「今にも落ちてきそうな空の下で」の別れと継承のストーリーにもリンクされてそうで………なんだかテーマの奥深さを感じているのは、30年間ジョジョの奇妙な冒険を読み続けている思考回路でしょうか(笑)

読んでると勇気が湧く、人生を賛歌する物語。

間違いなく、僕の人間性を形成している物語。

またゆっくり原画展を観に行きたい☺



Comments


bottom of page